Skip to content
2013/07/02 / masahif

世界初!Power2Max破…分解レポート

UnQo Projectをご存知でしょうか?

当初は @goloveskiを中心としてオレオレ パワーメーターを作ろうという趣旨だったのですが、もたもたしてる間にPower2Maxとか廉価タイプのモノも出てきてしまい、若干方向修正をしている所です。
今年中には、面白いモノを見せられるかと思いますので期待してください。

さて、そのUnQo Projectに壊れたPower2Maxを寄付いただきました。
ありがとうございます。

1058988 481803875241105 911408052 n

早速、@goloveski が破壊分解したので紹介します。

じゃじゃーん。
これがPower2Max本体です。
B.O.RまたはTune用ということで、仮に直せたとしても使い途がかなり限られている特殊な品です。

1060932 481804018574424 2029148797 n

裏側は防水シールで止めてるだけ?(実は違った)

1061606 481806865240806 828674810 n

Power2MaxはQuarq CinQoと同様にCR2450と呼ばれる電池を使っていますが、電池ケースの形状が特定メーカーのに合わせてそうで、一般的なモノは使えないと言われています。
ですが、試しに端子を少し起こしてみたところ、通常タイプのCR2450でも使うことができました。

このPower2Maxですが、ケイデンスは表示されるもののパワーが出なくなってしまったそうです。
Power2Maxは、SRMやQuarqなどと違いケイデンス(本来は角速度のことですが、とりあえずケイデンスと表記)の計測にマグネット(リードスイッチ)を使っていません。iPhoneなどに内蔵されているのと同じ加速度センサと呼ばれるモノを使って、本体がどちらに動いたかを感知してケイデンスを生成しているようです。

ですので、上の動画のように本体をグルグルするだけでケイデンスが表示されます。
残念ながら、ケイデンスの計測精度については、SRMやQuarqに劣ります。しかしながらフレーム側に磁石を必要としないという点において進化していると言えるかもしれません。

とりあえず、さきほどのシールを剥がしてみます。
シールはダミーで、全てゴムのような樹脂で封入されていました。

1011811 481846891903470 2122419851 n

とりあえず、ゴムをホジホジ…
ストレインゲージ(歪計)出ました!

1010640 481851835236309 1419500665 n

丸穴の中に斜めの梁が渡してあり、そこにストレインゲージが貼ってあります。350オームのモノが4つ。低コストです。

下記はSRMの内部ですが、スパイダー本体に4つの柱があり、その柱のウチの1本(アマチュア)、2本(プロ)、4本(サイエンス、78、79‥)にストレインゲージが貼られています。似たように見えても、だいぶ考え方が異なりますね。
Power2Maxのやり方も、なかなかよいのではないでしょうか。

IMG 1647

さて、こいつからパワーが出なくなっていた原因ですが下記の写真に答えがあります。

968789 481846961903463 1184268516 n

Power2MaxのサイトにあるFAQを読むと次の記述があります。

compact (110 mm) aero chain rings (such as Rotor aero Q Rings) are not compatible with power2max.

コンパクト(110mm)エアロチェーンリングはPower2Maxとは互換性がありません。

だそうです。なんと原因はこの件に由来していました。
エアロチェーンリングを試しにいれたときに、基板が押され、上の赤い導線が切れてしまったのです。

設計的に余裕ゼロw

このあたりは、なかなかに難しいですね。どんなプロダクトでもそうですが、ある程度市場で揉まれて成熟していくものです。Power2Maxは、まだちょっと早すぎた…かな?
このあたりで引き返せば、十分に修理可能だったのですが、@goloveski の破壊分解は続きます。

基板

988232 481872555234237 1346533869 n

マイコン

944464 481872605234232 668327364 n

PIC24FJ256GA106でした。http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?dDocName=en531071

1057621 482846991803460 26611056 n

アナログゴリゴリのSRMと違って、ストレインゲージの測定にも専用のIC。世代の違いを感じますね。
http://www.pmt-fl.com/picostrain/picostrain-ps021-bridge-connection.php

Power2Maxにリングを装着するのは、一つの技術となっているようですね。
みなさんもチェーンリング交換の際にはマニュアル、FAQの熟読&十分なご注意のほど。

http://jpansy.at/tag/power2max/


ということで、お楽しみいただけたでしょうか?

今回のレポートは
@goloveski を中心に、@Zaikou @jmz @0yama @obatakaeru

の協力でお届けいたしました。Power2Maxを奉納してくださった方もありがとうございます。

この構造では壊してしまうのも仕方がないねというのがメンバー共通の見解です。二度と同じ事故がおきない事をプロジェクトメンバー一同、願っております。

またUnQo Projectでは、引き続き壊れたパワーメーター、要らなくなったパワーメーターを募集しております。

譲ってくださった方には、なんらかの特典が…あるような無いような…

なんらかの特典を提供出来るよう、今後の活動にご期待ください!

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。