Skip to content
2013/05/09 / masahif

もう一つのカーボンインソール

ロンドンのICSで見つけてきたSolestarですが、自分も含めて何人かに使ってもらって、人にもオススメできると判断したので一般への販売もはじめることにしました。
ちょっと高いですが、希望があればご連絡ください。

https://masahif.wordpress.com/solestar/


さて、Solestarとは別のカーボンインソールの話しです。

2013-05-09 19.17.52

こちらは日本国内で手作りで作成されています。

製作は

日本フットケアサービス
http://www.jpnfootcare.com/

ですが、私は表参道にある

足の診療所
http://foot-clinic.jp/

で診療や計測をおこなっていただきました。

ここはインソールやスポーツが専門なわけではありませんが、なにしろ病院なので総合的に判断をしてもらえます。(ちなみに院長先生もロードバイクが趣味ですw)

ロンドンの発表でもありましたが、ペダリング中に膝の軌道などがおかしくなるのは、筋力や骨格などの問題の他にちょっとした怪我などが影響する場合もあります。

私の場合は右脚の膝から下のO脚が強く、真っ直ぐに立った場合は右足の外側に体重がかかりやすい状態です。そのため右足の小指球の下にはタコが出来やすいのですが、こういった箇所の処置も行ってくれます。

そういった足の状態を総合的に判断した上でインソールの作成も行ってもらえます。
インソールの作成にあたっては、立体的な私の足型も取ってもらいました。

ロード用にはSolestarを使っているので、こちらはシクロクロスシューズ用です。

2013-05-09 19.18.19

見た目は普通のインソールですが、裏を見れば納得のカーボンw

かなりどうでもいい話しですが、カーボンの目地はSolestarより好みですw

2013-05-09 19.18.01

2013-05-09 19.17.43

もちろん全てがカーボンで出来ているのではなく、必要な箇所だけに限定されており、余計な足への負担を減らしています。

例えば、踵の部分や、青い裏地が貼ってある部分はカーボンではありません。

またカーボンの部分もメチャクチャに硬いワケではなく必要に応じてクッション性のある生地が貼られているためカーボンだからといって足が痛いということももちろんなく、必要に応じてカーボンが適切に足をサポートしてくれていることを感じられます。

このあたりSolestarも基本的に同じなのですが、最大の違いが、インソールを作った人が調整してくれること。

私のインソールを作ってくださった大平さん他、専門の義肢装具士の方がいらっしゃいます。

私の場合は、Giro Codeに合わせて作ってもらったのですが、受け取った時はインソール自体の厚みが高く少しキツイ状態でしたが、その場で感触を伝えるとすぐに裏側の厚みを調整していただけました。

実際の使用感ですが、Solestarほどの強いサポートはありませんが、何の違和感もなく普通に靴の中におさまってくれますし、Giroの純正インソール(これもアーチサポートを三段階で選べる、結構よいものですが)に比べて明らかに力をペダル軸に伝えやすく感じました。

難点は、注文してから出来上がるまでに1ヶ月ぐらいかかること(CXシーズンも終わってしまったので、今はスニーカー用のインソールとして活躍してますw)、お値段が少々はって4万円を超えてくることでしょうか。

日本フットケアサービスではカーボン以外のインソールも作成しています。

足の裏のタコの話ではないですが、自転車だけではなく、日常的に足回りで問題を抱えているようであれば、まずは病院でみてもらうというのはオススメです!

 

またフィッティングやインソールの作成に当たって、私の知識を超える範囲のことであれば、こういった先生方やマッサーの方などとも連携していきたいと思っています。

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。